静岡市葵区安西 胃潰瘍の改善

静岡市葵区安西 胃潰瘍の改善

2018-08-01

胃潰瘍の改善には規則正しい食事習慣が大切

強い酸の胃液による刺激で胃の組織が剥がれ落ちて内部からえぐられた状態を胃潰瘍といって、消化性潰瘍とも呼ばれます。
発症することで起こる自覚症状として最も多いのが、みぞおちの痛みで、食事中から食後に起こることが多いです。
その他にも、胸やけ・胃もたれ・吐き気・嘔吐・食欲不振を伴うこともありますが、場合によっては自覚症状が全く無い人もいます。
また潰瘍が進行すると出血や穿孔を伴うことがあって、下血の場合はタール便と呼ばれるコールタールのようなどす黒い便が出ることが多いです。
それから出血をきたした場合に痛みが無いこともあって、症状が無いからといって心配する必要がないとは言えません。

胃潰瘍の発症のメカニズムですが、以前は胃酸・ペプシンなどの攻撃因子と粘液・血流・粘膜の抵抗力などの防御因子のバランスが崩れると潰瘍が起こるといったバランス理論が考えられていました。
ただ、最近ではヘリコバクターピロリ菌が深く関係していることが明らかになって、発症の大きな原因と考えられています。
また痛み止めとして処方されている非ステロイド系抗炎症薬や、血栓症の予防として処方されている低用量アスピリンも潰瘍の二大成因といわれているのです。
その他、飲酒・喫煙・過度のストレスなどが引き金になり、胃を司っている自律神経のバランスが崩れて、粘膜の血流の低下や胃酸が過剰に分泌されることも原因として考えられています。
つまり、ピロリ菌に感染していない、あるいは除菌したからといって、潰瘍にはならない再発することはないとは断定できないのです。

胃潰瘍が発症した初期は症状が激しくて、時には出血の危険性も考えられるので、食事を制限する必要があります。
胃の安静と酸分泌を刺激しないことを目的として、消化の良い柔らかい食事を少しずつ数回に分けて摂取することが大切です。
またミルクやバニラアイスクリームは胃酸を中和して、栄養バランスに富んでいることから、欧米では摂取がすすめられています。
急性期を過ぎるとある程度普通に食事を摂取しても手てのですが、規則正しい食事習慣が大切です。
また、アルコール飲料・タバコ・カフェイン飲料は好ましいものではないので摂取は控える必要があります。

こうした生活習慣の改善以外に薬物療法が初期治療として実施されます。
主な治療薬として投与されるのは、胃酸分泌を抑制する目的で、プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーがあります。
また、胃の粘膜を増加させる薬剤や血液を改善させる薬剤、組織修復を促進する薬剤など防御因子改善剤が用いられることもあるのです。
それから非ステロイド系消炎鎮痛剤が原因の潰瘍に対しては、プロスタグランディン製剤が用いられるのです。

とても再発しやすい病気なので、症状がないからと言って放置していると再発することが多いので、再発予防治療も必要と言えます。
H2ブロッカーや防御因子改善剤の服用量を少なくして服用する方法は、再発を防止する目的の維持療法となります。

ただ薬の服用が困難なことや、きちんと服用しても再発する場合もあって、そのような時はピロリ菌を除菌する方法が実施されます。

 

静岡市葵区安西 胃潰瘍の改善なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME