静岡市葵区安西 耳鳴りの治療

静岡市葵区安西 耳鳴りの治療

2018-06-28

耳鳴りの治療は前向きに取り組むことが重要

耳鳴りと一口に言っても外部から聞くことができる他覚的自鳴と、本人にしか聞こえない自覚的自鳴の2種に大別されます。
他覚的自鳴は聴診器を当てれば医師にも聞こえる場合が多いので、比較的はっきりした原因が突き止められやすいといえるのです。
ただ圧倒的に多いのは自覚的自鳴で、生活習慣やストレス、耳以外の体の異常などが複雑に関係して発生するので、原因を突き止められない場合が多いと言えます。
また、同じような病状でも音の聞こえ方や音量、不快感などはその人の性格によって異なるもので、そこまで気にならないという人もいれば、常に気になると訴える人もいるのです。
そうした事情を踏まえて聞こえ方による分類もできて、低音型・高音型・雑音型・単音型の4つのタイプに分けられます。
それから、急に音が聞こえだす突発性と、長期間にわたって異音が続く慢性などにも分類することができて、こう考えると様々な種類に分けられると言えるのです。

このように様々な種類が考えられることも影響しているのか、耳鳴りを引き起こしている原因をはっきりと特定するのは難しいといえます。
ただ聞こえ方と併発する症状などを組み合わせることにより、疑うべき病気を推測することも可能です。
それは、難聴やめまいなどの耳のトラブルや、その他の随伴症状を伴い起こる場合が多いからで、それを医師に正しく伝えることにより適切な治療を受けられ改善する第一歩になります。
例えば、どちらかの耳に低音型の耳鳴りが発生して、それに伴い周辺がグルグル回って見える回転性めまいが起こる場合は、メニエール病の発症が強く疑われるのです。
また同じく低音型と共に耳がつまり、自分の声が大きく聞こえる場合なら、耳管開放症ということも考えられますし、高音型なら加齢性難聴の可能性が高いといえます。

それから、初めは軽い症状であっても徐々に悪化して難聴やフワフワした浮動性めまい、頭痛などを伴うようなら聴神経腫瘍が疑われるのです。
このように慢性中耳炎や滲出性中耳炎でも起こることがあって、これら中耳炎が原因の場合なら中耳炎の治療を行うことで解消できます。
ちなみに滲出性中耳炎とは、中耳腔に滲出液という液体が溜まるタイプの中耳炎で、難聴や耳のつまった感じを発生しやすくなるのです。

耳鳴りの主な治療法は、基本的に生活習慣の改善と薬物療法となります。
喫煙・カフェイン・騒音・睡眠不足・便秘・メタボ・有機溶剤などが危険因子になるもので、これらの危険因子を取り除く生活習慣の改善が先決になります。
具体的には、食事においては太りすぎないように低カロリーで高栄養の食品を摂取することが重要ですし、日常的に運動することも欠かせないことです。
このような生活習慣の改善は、他の病気予防にもつながるので心がけることが大事です。
病院では薬物療法が基本で、血流改善薬・利尿薬・ビタミン剤などの服薬をはじめ、筋肉注射・ステロイド薬の鼓室内注入療法などが行われます。
また、音響療法や認知行動療法なども実施されることがあって、こうした治療を受けることで約6割程度は軽快していくと言われているので前向きに取り組むことが重要です。

 

静岡市葵区安西 耳鳴りの治療なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME