静岡市葵区安西 シンスプリントの解消

静岡市葵区安西 シンスプリントの解消

2018-11-03

シンスプリントを解消して終身ランナーを目標に

スポーツ医学の分野で頻繁に目にする症状のひとつがはシンスプリントで、別名を脛骨過労性骨炎というランナーを苦しめる最も一般的なケガです。
これは、脛骨周辺の筋肉・腱・骨組織がランニングなどの反復運動による負荷で起こる炎症で、脛の骨に沿って鋭くズキズキとした痛みが起こります。
ただし脛骨を触った時に痛みがなくても、走りながらそこに緊張を感じる時には、全く違った医師の診断を必要とするコンパートメント症候群の可能性があるのです。

シンスプリントを発症する原因としては、急に走行距離を増やすことで骨の炎症を誘発すること、ランニングマシンからアウトドアランニングに切り替えることがあります。
また、自分の足に最適なシューズを履いていないことも一因になりますし、走り方に何らかの間違いがあることも暗示しているのです。
その最も一般的な原因は偏平足により足が内側に回内してプロネーションと呼ばれる状態になっていることです。
それから歩幅が大きすぎることも要因になることで、ガゼルのように走っているかもしれないけど、それが最も脛にストレスをかける走り方になるのです。
カルシウムやビタミンD不足といった食生活、遺伝やホルモン上の問題によって、ランナーの骨密度が低いという可能性も要因になると指摘されています。

初心者やレースに向けてトレーニングをしているランナーなら、走行距離を少しずつ増やすことにより予防することは可能です。
その原則としては、走行距離を一週間のうちに10%以上のばさないことで、これをひとつの目安として練習をすると良いでしょう。
また、休むことである程度の痛みは取り除けても、原因までは取り除けないので、走り方自体を正しく改善しない限り何度も脛の骨に沿った鋭い痛みに悩まされてしまうのです。
その為には、スポーツドクターにかかるのが最善の策で、偏平足ならそれに対する土踏まずのサポートをすると良いですし、走行中の脛への負担を軽減するために、骨盤や臀部を鍛える筋力トレーニングも重要になります。
それから歩幅に問題がある場合には、それを短くする努力をしたり、ランニング専門店で歩行分析をして貰ったりすることも予防につながりますし、最適なシューズを見つけることも大事になるのです。

予防を心がけても走行時に脛が痛くなってしまうこともあって、そのように痛みが生じる状態は普通ではないと理解して、脛の緊張が1週間以上継続する時は医師の正しい診断を仰ぐべきです。
また、レースに向けてトレーニングしているのなら、つらい決断と言えますが出場を諦めることも大切になります。
我慢をして耐えれば良いと考えることもあるでしょうが、それは大きな間違いで痛みを抱えながら走ると疲労骨折を起こして、3週間の回復期間で済むはずの状態が、何ヶ月もの休養を余儀なくされてしまうのです。
ですから、早く治したいのなら医師と共に問題解決への糸口を見つけるまでは、ランニングの代わりにサイクリングや水泳など、比較的安全で負荷の低い有酸素運動をして心臓機能を維持すると良いでしょう。

 

静岡市葵区安西 シンスプリントの解消なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME