静岡市葵区安西 不安症の早期発見・早期治療

静岡市葵区安西 不安症の早期発見・早期治療

2018-10-29

不安症の主な治療法は薬物治療と精神療法

状況や具体的なものに対し過剰に不安や恐怖を感じて、それによって様々な影響が体と精神に現れ社会生活を送ることに支障がおこる疾患が不安症です。
誰でも不安や恐怖といった感情が起こるのは自然ですし、それに対して体が緊張したり用心深くなったりすることは、人間が安全を守るために必要な反応といえます。
しかし、釣り合わないほど過剰に大きく感じて、それにより現れた身体的・精神的苦痛で日常生活が送れない場合は、病気の発症が疑われるのです。
ちなみに、現在起きていることや状況だけではなくて、これから起こる未来の状況に対して不安を過剰に感じることも含まれます。
また、不安や恐怖を感じる対象は多岐にわたって、クモや飛行機といった具体的な物のから、愛する人との別れや多くの人の前で話す、広い場所にいるなど経験や状況なども含まれるのです。
それから発生する症状も人によって様々で、憂うつな気分・不安感・意欲や集中力の低下・イライラ感などの精神的な反応が挙げられます。
一方身体的な反応としては、頭痛・動悸・汗が異常に出るなどがあるのです。

不安症は男性と比較して女性の方が発症しやすいといわれていますし、感受性が高い・自己評価が低く自信がない・周囲の人を気にしすぎる・理想主義・完璧主義の人がなりやすいです。
また、その一方で発症した結果として、このような特性が発生したり、強まったりすることもあるとも考えられます。
ただ不安や恐怖の対象と症状が漠然としていることから、疾患とは認識されづらくて性格の問題だと片付けられてしまうことも少なくないのです。
特に10代という人格形成期に発症すると、慢性化しやすくて本人も周囲の人も、それがあくまで性格の一部であると考える傾向も強いと言えます。
その為に、疾患であるという認識ができなくて、医療機関の受診に至らないとことも多くて、重症化を招く恐れがあるのです。

しかし、不安症は早期発見・早期治療がとでも大事で、主な治療としては薬物治療と精神療法に分かれます。
薬物療法で主に使用される薬としては、不安や恐怖にかかわる脳内物質のセロトニンを増やして、恐怖や不安を軽減する抗うつ剤があるのです。
また抗うつ剤と違って即効性がある抗不安薬もありますし、抗うつ剤が使用できない場合などには漢方薬が用いられることもあります。
治療の流れとしては、抗うつ剤と抗不安薬の両方を服用しながら、徐々に抗うつ剤を増やして不安・恐怖心をなくすのです。
抗うつ剤が十分な量まで増えたら徐々に抗不安薬を減らして、完全に抗不安薬をなくしてから約一年、抗うつ剤を服用しながら不安や恐怖の無い状態に慣れていきます。
その他には、認知行動療法や曝露療法といった精神療法が行われることもあるのです。

生活習慣が乱れると精神状態が不安定になって、不安が高まってしまうこともあるので、日常生活で注意することは生活習慣を見直して生活リズムを整えましょう。
また食生活を改善することも大切ですし、自分にぴったりのリラックス方法を学ぶことも大事です。

 

静岡市葵区安西 不安症の早期発見・早期治療なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME