静岡市葵区安西 ゴルフ腰痛を予防する方法

静岡市葵区安西 ゴルフ腰痛を予防する方法

2018-09-28

ゴルフ腰痛を予防する方法や改善方法を知っておく

 

日常生活の中で腰を痛めてしまうことも少なくありませんが、ゴルフを始めてから腰痛になってしまった人も多いものです。

背中や腰の周辺の筋肉が疲労を起こしている状態になっていることが腰痛の原因と考えられて、無理をして筋肉を使っていたり長時間にわたって緊張感が続いてしまったりすることが要因になります。

このように筋肉に疲労が溜まっていっている状態で、ゴルフスイングなどでさらに余計な力を入れて動かそうとすることがゴルフ腰痛を引き起こす原因です。

また休日だからといって体が硬い朝から打ちっぱなしなどに行って、いきなりスイングをし始めることも腰痛を引き起こす大きな要因と考えられます。

 

ゴルフの打ちっぱなしは練習だからといってあまく見ていては腰痛を悪化させてしまうので、スイングをする前には十分な準備運動を行って筋肉を柔らかくしてあげることが大事です。

プロでも準備運動やストレッチは基本中の基本と考えて、きちんと行ってからスイングをするのですから、普段運動していないアマチュアの場合はなおさら重要になります。

また背中がまがった状態でスイングをしても飛距離が伸びないということで、飛距離を伸ばそうと力んでしまう人も多いです。

このような場合では無駄な力が入って余計に腰痛の発生や悪化を引き起こすので、無理をしないで正しい姿勢の状態からスイングを行うように気を付けることが大切になります。

正しい姿勢でスイングをすると力を入れなくても飛距離が伸びるようになっていくので、この感覚を覚えるように心がけることが大切です。

その為にも、どのようにすれば無理のない姿勢でスイングができるかを、しっかりと考慮して練習するようにしましょう。

 

このようにゴルフと腰痛は切っても切り離せない関係にあるとも考えられるので、ゴルフ腰痛を予防する方法や改善方法を知っておくと役立ちます。

どのような状況であれ予防方法として最も大事なことは、ゴルフを行う時は念入りにストレッチやウォーミングアップを行うことです。

ストレッチやウォーミングアップを行うことが、腰痛の予防・治療の第一歩になって、効果的なストレッチを行う時間は大体5~10分程度が目安と言われています。

また、ストレッチは反動をつけない静的ストレッチでは、筋肉への負担が大きくなることも考えられるため逆効果となってしまうこともあるのです。

ですから、ゴルフの前に行うストレッチに適しているのは、筋肉の温度を上げてくれて筋肉が柔らかくなる動的ストレッチ理解しておくと良いですし、それにより他のケガ防止にも繋がります。

 

それから適度に筋肉を鍛えることも、ゴルフ腰痛の予防・改善につながると言われていて、特に腹筋を強化することで腰への負担を軽減することができるのです。

腹筋が弱いと前のめりになってしまったり、猫背になってしまったりすることがあって、腰への負担も増えてしまいます。

地道に腹筋を鍛えていけば腰痛を引き起こすことや酷くなることもなくなるので、無理なくトレーニングを続けましょう。

静岡市葵区安西 ゴルフ腰痛を予防する方法なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME