静岡市葵区安西 出産後に骨盤矯正

静岡市葵区安西 出産後に骨盤矯正

2016-04-06

お母さんの体を考えると産後の骨盤矯正はとても大事
女性は出産に備えてホルモンが分泌されることにより少しずつ骨盤が緩んで、出産の時には骨盤が最大に開いてしまいます。
産後に開いた骨盤は、3ヶ月から6ヶ月かけて自然と出産前の状態に戻るのですが、様々な要因から正しい状態に戻ることが少ないのです。
その原因となるのは、骨盤が戻る間に生活習慣的に骨盤が歪むような行動をしてしまっているからです。
では具体的にどのような行動で歪んでしまうのかというと、椅子に座る時に足を組む癖があるとか、猫背で座るとか、浅く座ってよりかかるとか、様々な座り方の悪さが原因になります。
また、立っている時や歩いている時の姿勢が猫背になっているとか、片足に重心を乗せて立っているとか、姿勢の悪いのも骨盤を歪ませてしまう要因になります。
それから、何らかの行動をする時に体の動作が左右に偏っていることも産後の歪みやすい骨盤に対して悪影響を与えてしまうのです。
骨盤が歪んでしまうとどうなるのかというと、代謝や血行が悪くなってしまうため肩こり・腰痛・冷え症・頭痛・肌荒れなどの不調が起こって悩まされてしまいます。
また、脂肪が燃焼されにくくなるので産後太りが解消されなくて、特に骨盤が開くことで内臓が下がることにより下半身が太くなりメリハリのない体になりやすくなるのです。
それから、2人目3人目と出産していくことによりどんどん骨盤が開いて、酷いケースでは子宮脱などの臓器脱になる可能性がありますし、中高年になると骨盤底が緩くなりやすく尿漏れなどのリスクも高まってしまうのです。
このようなことを回避するためには産後の骨盤矯正がとても大事で、産後の骨盤を放置することなく正しい状態にするように心がけることです。
産後の骨盤矯正をする時期ですが、産後1ヶ月は体をゆっくりと休める期間なので産後2ヶ月からと考えておくと良いです。
あくまで目安なのですが最適な時期としては産後2ヶ月~6ヶ月で、出産後24ヶ月までは十分間に合うと考えていても大丈夫です。
それから子宮が大きなままで骨盤を締めるのは効果的ではないですし、トラブルにつながってしまう可能性もあるので、子宮の収縮を待ってから骨盤矯正で骨盤を閉じると良いです。
焦る必要はないので体調の回復や赤ちゃんのお世話などを考慮して適した時期を選ぶと良いです。
ただし、産後に骨盤がグラグラしている方や妊娠中・産後に尿漏れのあった方は、早めに産後の骨盤矯正を受けることをおすすめします。
また、子宮下垂や子宮脱などの内臓下垂、脱産後の痔、産後の腰痛、妊娠や出産時の恥骨痛、尾骨痛などがある方も、早めに骨盤矯正を受けると良いです。
いずれにしても産後の骨盤の歪みをそのまま放置しておくことは良いことではないので、骨盤矯正を受けて骨盤を正しい状態にすることです。
ちなみに、出産後に骨盤矯正をしなかったお母さんも、骨盤のサイズダウンを希望するお母さんも、産後5年10年経過していても諦めずに骨盤矯正をすることをおすすめします。
静岡市葵区安西 出産後に骨盤矯正なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME