静岡市葵区安西 すべり症

静岡市葵区安西 すべり症

2015-11-27

脊椎分離症・すべり症について

脊椎分離症・すべり症とは・・・

脊椎骨(背骨)にある上関節突起と下関節突起の間をつなぐ椎弓の狭くなっている部分が骨性の連結を失った状態(骨折)を分離症といいます。

上の背骨が下の背骨に対して前にすべっている状態をすべり症といいます。

二つとも併発することが多い。

第五腰椎に多くみられる。

原因・・・

スポーツをする人などに多い→同じ動作を繰り返すことによって同じ場所に衝撃が加わりおこる

分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります

症状・・・

・腰部の鈍痛、疲労感

・腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合がある。

痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなる。

・腰痛は10から15歳ころから生じる

・青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢 痛・しびれが出ます

・腰椎の前弯が強くなり、お尻が出っ張ることがある。

施術方法・予防法・・・

・発症直後はコルセットにより安静

・分離症があっても強い痛みや日常生活の障害なく生活できる場合が大部分です。腹筋・背筋を強化して、一般的な腰痛予防を心がける。

・腰痛や神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われる。

脊椎分離症・すべり症について

脊椎分離症・すべり症とは・・・

脊椎骨(背骨)にある上関節突起と下関節突起の間をつなぐ椎弓の狭くなっている部分が骨性の連結を失った状態(骨折)を分離症といいます。

上の背骨が下の背骨に対して前にすべっている状態をすべり症といいます。

二つとも併発することが多い。

第五腰椎に多くみられる。

原因・・・

スポーツをする人などに多い→同じ動作を繰り返すことによって同じ場所に衝撃が加わりおこる

分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります

症状・・・

・腰部の鈍痛、疲労感

・腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合がある。

痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなる。

・腰痛は10から15歳ころから生じる

・青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢 痛・しびれが出ます

・腰椎の前弯が強くなり、お尻が出っ張ることがある。

施術方法・予防法・・・

・発症直後はコルセットにより安静

・分離症があっても強い痛みや日常生活の障害なく生活できる場合が大部分です。腹筋・背筋を強化して、一般的な腰痛予防を心がける。

・腰痛や神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われる。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME