静岡市葵区安西 脛骨過労性骨膜炎

静岡市葵区安西 脛骨過労性骨膜炎

2017-11-23

【脛骨過労性骨膜炎は冷やしてはいけない】
脛骨過労性骨膜炎に悩まされたら、スネを冷やさないことが大事となります。
冷やさないことで血行が良くなるので、痛みが徐々に緩和されていきます。
脛骨過労性骨膜炎を温めて改善させるためには、これらの方法がオススメです。
・防寒の服装
薄着はせずに、防寒対策の服装をするようにしましょう。
なるべく肌を出さない服装が、1番となります。
女性の場合は、スカートではなくパンツスタイルが適しています。
裏側にボアが付いたパンツは、スネをしっかりと温めることができるのでオススメです。
足首を温めると足が温まりやすいので、足首は絶対に覆うことを前提に防寒すると良いですよ。
・湯船に浸かって血行促進
湯船に浸かって血行促進させると、痛みが緩和していきます。
湯船のお湯の温度は、熱すぎず多少ぬるめの方が長く入ることができ温まりやすいです。
半身浴のようにぬるめのお湯に長い時間浸かると、より効果的です。
・温湿布で温める
スネ部分に温湿布を貼ることで、温めて血行促進が可能となります。
肌に直接貼るのではなく、パンツやハイソックスなど何かに貼るようにしましょう。
・冷房を避ける
冷房は体を芯から冷やすので、できるだけ避けるようにしましょう。
なるべく冷房は避けて、極力冷やさないことが大事となります。
【脛骨過労性骨膜炎の改善ストレッチ】
脛骨過労性骨膜炎になったら安静が必要ですが、筋肉をほぐして温めることも治療に繋がります。
ある程度痛みが引いてきたら、ストレッチで筋肉をほぐして脛骨過労性骨膜炎を改善へとみちびきましょう。
誰でも簡単にできる脛骨過労性骨膜炎の改善ストレッチを、ご紹介します。
・壁立ちストレッチ
壁に背中を向けて、肩幅くらい足を開いて立ちます。
足を前に出し、つま先を上げます。
スネに向けて、足の指を持ち上げて背屈動作を行います。
壁に背中を付けて寄りかかりながら、かかとのみで立つ形となります。
・ふくらはぎ上部ストレッチ
壁に迎えあって立って、肩幅くらいに足を開きます。
後ろの足が、背中や太もも、スネで一直線になるようにイメージをして伸ばします。
前に出した足を、くの字に曲げます。
ふくらはぎの上の部分を伸ばしている感じを確かめながら、両手で壁を押します。
・ふくらはぎ下部ストレッチ
上記に記載したふくらはぎ上部ストレッチと同じ姿勢になり、ふくらはぎの内部のヒラメ筋のストレッチを行います。
後ろに伸ばした足は曲げて、壁を押します。
上下にテンションをかけて、小刻みにかけます。
両足の裏は、床から離れないことがポイントとあります。
かなりキツイので、無理な場合は後ろのかかとを上げてもOKです。
いかがでしたでしょうか。
脛骨過労性骨膜炎は、温めてストレッチすることで緩和させることができます。
軽度な場合は自己ケアでも十分に楽になるので、是非チャレンジしてみませんか。
あまりにも痛くて動かせない場合は、治療院や病院で相談をしてみましょう。
静岡市葵区安西 脛骨過労性骨膜炎なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME