静岡市葵区安西  頸椎症性神経根症の改善例

静岡市葵区安西  頸椎症性神経根症の改善例

2017-10-14

保存的治療で改善する例が多い頸椎症性神経根症
頚椎の疾患としては、頚椎症・椎間板ヘルニア・後縦靱帯骨化症などがあって、加齢変化が関係していることから発症する可能性は誰でもある病気です。
その中の頚椎症というのは、変性したトゲ状の骨の骨棘や椎間板ヘルニアなどで、脊髄が圧排されて症状が発生するものです。
また、脊髄圧排症状がなくて脊髄から出てくる神経根の圧排症状だけのものを頚部神経根症といって、頚椎症による肩甲部・腕・手指の神経痛やしびれを生じるのを頚椎症性神経根症と言います。
一般的に頚髄症の治療としては保存的治療で効果がなければ、椎弓形成手術や前方除圧固定術と言った手術をすることになります。
しかし頚椎症性神経根症の場合は、時間はかかりますが保存的治療で改善する例が多いですし、手術が特殊ということもあって一般的に手術治療の対象とされていません。
その為、整形外科・脳神経外科・ペインクリニックなどの医療機関や、整体院・整骨院・鍼灸院などの治療院で治療をするケースが多いです。
ただ、痛みやしびれが強くて眠れない、仕事や家事に支障があるなど辛い症状が起こる人や、数ヶ月も保存的治療するのが我慢できないという方もいます。
中には強い痛みから仰向けになれなくて、MRI検査すら受けられなと言った患者もいますし、数ヶ月にわたる保存的治療で一旦は症状が改善したけど、運動や仕事などで症状が再発することもよくあります。
このように症状の強い患者や治療効果の不十分な人、再発を繰り返す方は、手術治療という選択肢も検討する必要があると言えます。
また特殊な症状として、三角筋や上腕二頭筋の麻痺を生じて、腕があがらなくなる場合があって、このように麻痺が生じる場合は、できる限り早期に手術を実施するのが良いと考えられます。
発症する主な原因は、先にも触れましたが加齢などによる頸椎の変形です。
頸椎は複数の骨で構成されていて、その骨の間には連携させるためや撃を吸収するためのクッションの役割をするために、ゼラチン状の物質とコラーゲンが含まれ椎間板が存在します。
しかし、年齢を重ねるとその椎間板の水分が少しずつ失われて、それに伴いクッション性も低下して、頸椎の骨同士が物理的に擦られやすくなり骨が変形してしまうのです。
骨が変形することで脊髄から手足に繋がる神経の根の部分となる神経根が圧迫されて、その結果肩こりや腕の痛みといった症状を引き起こします。
ちなみに足の方へ伸びている脊髄の神経に関しては影響が少ないため、首から肩・腕といった上半身に症状が起こります。
主な治療法は保存的治療で、まずは体を安静に保つことと薬物投与の処置が実施されて、強い痛みに対しては鎮痛消炎剤を用います。
ただ、こうした安静化と鎮痛消炎剤で改善が見られない場合には、神経ブロック注射やトリガーポイント注射による痛み止めが検討されます。
しかし、先にも触れましたが整体院・整骨院・鍼灸院などの治療院で治療をするケースが多いので、医療機関での治療と併用するなどを検討してみると良いです。
静岡市葵区安西  頸椎症性神経根症の改善例なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME