静岡市葵区安西 スポーツ障害

静岡市葵区安西 スポーツ障害

2016-11-25

体の酷使で発生する「スポーツ障害」
スポーツは性別・国籍・年齢などに関係なく楽しめるもので、健常者も障害者も誰にも平等なものであるといえます。
しかし、スポーツを職業としているプロスポーツプレイヤーの多くは、競技によって違いはありますが30代半ば頃には現役を引退してしまいます。
現役プロスポーツ選手として活躍する40代・50代の方もいますが数は少なく、それは単に体の衰えだけでなくスポーツ選手に起こりやすい外傷や疾患などの障害も原因としてあります。
このように全てのスポーツには、常にスポーツ障害の危険性が伴っていると考えられるのですが、どのような原因で発生し、どのような症状が見られるのかなどを知っておくことも参考になります。
医学的には、スポーツ障害は使いすぎ症候群(オーバーユース)と言われているように、スポーツによる体の酷使で発生する疾患と言えます。
筋肉の伸縮や捻じれ、骨での衝撃吸収など運動に伴う肉体への負荷は大きいものですし、試合だけではなくて試合までの練習を積み重ねることで、体には相当大きな負担がかかっているものです。
このようなスポーツに対する取り組みが熱心であればあるほど、逆にスポーツによる外傷や疾患などの障害を起こす原因になってしまうのです。
しかし、プロ・アマに関係なく全ての人に発症することではないので、適切な対処をすることによって回避することは充分に可能と言えます。
ただ、精神論に基づく指導がスポーツの世界において、未だに評価されている傾向もあって、障害を乗り越えてこそ一人前といった風潮があることも否定できないことで、スポーツ選手としても頭を痛める重要な問題になっています。
ですから、このようなことを回避するために、選手と指導者が一丸になって回避や治療に対して取り組む必要があると認識しておくことが大事です。
そこで、障害だけでなくスポーツはケガも多いこともあるので、最低限ケガを防止するための方法を知っておくと役立ちます。
その方法のひとつはランニングで、ランニングは基礎体力と足腰の強化に役立つもので、それと共に障害やケガの防止に欠かせないものです。
また、それと共にスポーツをする前の準備運動も重要な役目があることで、ランニングや準備運動の重要性を再認識してしっかりと実行するように心がけると良いです。
それからスポーツをした後のクールダウンも大事で、緩やかな運動をすることで運動後の疲労回復を促進させるためにクールダウンを行うようにすることです。
テーピングはケガをしやすい部位を保護する役目がありますし、障害やケガによる痛みを和らげる働きもあります。
このようなことを心がけることで、ある程度ケガの予防につながります。
それから最も注意したいことは、男子では高校1~2年生・女子は中学3年生ころまでが成長期で、この成長期にある中高生にスポーツ障害が起こりやすいことです。
なぜ起こりやすいのかというと、成長期ということで骨が成長し筋肉がそれを追いかける時期で、成人と違って構造的に弱く傷ついたり変形したりしすいからです。
その為、小さなサインを見逃さないで、指導者や家族は注意深く見守ることが大切です。
静岡市葵区安西 スポーツ障害なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME