静岡市葵区 間欠性跛行 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症 しびれ 痛み 

静岡市葵区 間欠性跛行 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症 しびれ 痛み 

こんにちは!!

藤接骨院です!!

 

皆さん、、、な・つ・や・す・み~~~~~~~~。です。

楽しんでいますか?????

ぜひ楽しい夏休みをお過ごしください!!!!

 

あ、遠出をなさる方は運転に気を付けて下さい。

 

今日は間欠性跛行についてお話します!

 

間欠性跛行とは、歩行中に腰から足にかけてしびれや痛み、締めつけられるような痛みが生じて一時的にそれ以上歩けなくなる歩行障害のことです。少し休めば再び歩けるものの、しばらく歩くとまたしびれや痛みが生じて、こま切れにしか歩けなくなります。腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)になると、坐骨神経痛(痛みやしびれ)、異常知覚(足裏のジリジリ感など)に伴って間欠性跛行が現れます。

 

 

間欠性跛行には、脊柱管狭窄症による神経性のものと、閉塞性動脈硬化症による血管性のものがあります。
脊柱管狭窄症と、腰痛を招くほかの病気との最大の違いは、この「間欠性跛行」があるかないかです。腰痛や坐骨神経痛とともに間欠性跛行が現れたら、まっ先に脊柱管狭窄症を疑うべきでしょう。
また、間欠性跛行が起こる原因は、歩行中に脊柱管の狭窄によって脊髄の末端に当たる馬尾や神経根、神経の血管が断続的に圧迫されるためです。
すると、神経への血流が障害され、酸素や栄養が行き渡らなくなって神経の働きが低下します。その結果、痛みやしびれが現れて足を動かせなくなるのです。少し休むと再び歩けるようになるのは、そうすることで血流障害が解消され、再び神経に酸素や栄養が行き渡って神経の働きが回復するためです。
脊柱管狭窄症を発症すると、ある程度の時間継続して歩いたり、立っていたりすると、足や腰に痛みやしびれが出てきます。そうなると、歩き続けたり、立ち続けることがつらくなります。その後、しゃがみ込んだり、座って休めば、足腰の痛みやしびれが消え、再び歩いたり、立ったりすることができるようになります。
脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭まって神経を圧迫して起こります。ですから、歩き続けたり立ち続けたりすることで、狭まっていた脊柱管がよけいに狭まり、痛みやしびれが出るのです。

このとき、背を丸めたり、座ったりして休むと、狭まった脊柱管の空間が広がり、神経の圧迫が和らいで、また歩いたり立ったりできるようになります。もちろん、再度歩けるようになったにしても、そのまま歩き続ければ、また脊柱管が狭められていき、痛みやしびれが出てきます。
これが間欠性跛行で、脊柱管狭窄症にかかった人が最も悩まされる症状といっていいでしょう。

歩いている途中で休憩してしまう人などは、要注意です!!
いつもご覧いただきありがとうございます。
ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております。
静岡市葵区安西3丁目20番TKビル1階
藤接骨院 安西院
054-266-3255

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME