静岡市葵区 足関節 捻挫 種類 前距腓靭帯

静岡市葵区 足関節 捻挫 種類 前距腓靭帯

こんにちは!

藤接骨院です!!

みなさんは、足首を捻挫してしまった経験はありますか?

足首の捻挫にも捻り方によって損傷する部分は違ってきます。

その中でも一番損傷しやすいのは前距腓靭帯という場所です。

 

今日は前距腓靭帯損傷についてお話します!

 

足首を捻ることはスポーツをやっている人なら一度は経験したことがあると思います!

スポーツをしていない人でも、歩行時や階段の昇降時などで足を取られて捻ってしまったことはあるでしょう。

この時に発生するケガで最も多いのが「捻挫」です。

 

捻挫とはその名の通り関節を捻り挫いた時に、その人が本来持っている関節の可動範囲を超える外力が加えられた時に起こる関節周辺の靭帯、関節包,腱などの軟部組織を損傷した状態のことを指します。

普通、捻挫は関節の可動域を制限して、安定させる役割を果たしている靭帯をメインに捉えます。

同様の発生機序で骨が折れてしまえば骨折、外れてしまえば脱臼となります。

 

足首の関節は基本的に、つま先を下に向ける、つま先を上に向ける、つま先を内側に向ける、つま先を外側に向ける、足の親指側を上げる、足の小指側を上げるという6種類の動きがあり、この内のつま先を下に向ける、つま先を内側に向ける、足の親指側を上げるのを組み合わせた動きを 「内返し」と呼びます。

この「内返し」と逆の動きが 「外返し」で、これは背屈、外転、回内の複合運動ですが、実際に足首を動かしてみると分かるように、人の足首は「外返し」よりも「内返し」」の方が解剖学的に捻りやすい構造となっています。

このため、足首の捻挫ではこの「内返し」が過度に強制された時に高頻度で発生します。

 

・Ⅰ度:靭帯繊維の微細損傷で関節の動揺性は認められません。

・Ⅱ度:靭帯の部分断裂で関節の動揺性が認められます。

・Ⅲ度:靭帯の完全断裂。 かなりの動揺性が関節に認められ、手術の適応となります。

 

Ⅰ度の靭帯損傷でも軽いものから重いものまで幅が広いです!

痛みが軽いからと治療しないでいると靭帯に生じたキズが重症化してしまう場合もあるので早期の治療が必要となります。

よく足首をちょっとしたことで捻りやすくなっている人は大概過去に捻挫を経験して放置していたか、あるいは固定期間や固定方法が不十分だった可能性があります。

このような人の足首は靭帯に緩みが生じて関節が不安定になっている・・・・いわゆる「癖になっている」可能性があります。

ただし、捻挫で靭帯損傷が治ったとしても、関節が拘縮といって固まっている状態なのでリハビリが大切となります。

 

足を捻って勝手にひどくないと思い込んでいると前距腓靭帯を断裂しているかもしれませんよ・・・

また、以前に捻挫をしてその場所がまだ痛むという方はぜひ一度、藤接骨院にお越しください!!

 

静岡市葵区安西3丁目20番TKビル1階

 

藤接骨院 安西院

 

054-266-3255


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 安西院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
メイプルリーふ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME