静岡市葵区 上腕二頭筋 断裂 原因 予防

静岡市葵区 上腕二頭筋 断裂 原因 予防

こんにちは!

藤接骨院です!!

学生の方はもう学校は始まりましたか?

夏休み明けで眠たい方も多いと思いますが気持ちを切り替え、新学期も張り切っていきましょう!!

 

今日は上腕二頭筋断裂についてお話します!

 

  • 上腕二頭筋は、いわゆる力こぶを作る筋肉で、上端が2つに分かれています。
  • 分かれた外側は長頭と呼ばれ、その長い腱(長頭腱(ちょうとうけん))は肩関節のなかをとおって肩甲骨関節窩(か)(肩関節の受け皿)の上に付きます。
  • もう一方の内側の頭は短頭と呼ばれます。
  • 下端は、太い1本の腱で橈骨(とうこつ)(前腕の親指側の骨)に付いています。
  • この筋のはたらきは、主に肘関節を曲げることと前腕の回外(手のひらを上に向ける運動)です。
  • 上端の断裂は長頭腱に限って生じ、完全断裂と部分断裂(腱の一部だけが切れる)があります。
  • 完全断裂は特殊な場合を除いて障害はありません。
  • 部分断裂は、痛みが強い場合は肩の動きに支障を与えます。

 

上腕二頭筋腱断裂の原因としては、スポーツなどによる上腕二頭筋腱への過負荷があります。
上腕二頭筋長頭腱は結節間溝の中を動きますが、オーバースロー投球のコッキング肢位で緊張し、加速期に肩峰と烏口肩峰靭帯の下で圧迫され、内旋に伴ってさらに摩擦が加わります。この摩擦が繰り返される事によって筋腱の障害が発生し、外転外旋時痛や結節間溝への圧痛が出現するようになります。
診断法として、肘の屈曲とともに前腕を回外させて痛みを誘発させるヤーガソンテスト、前腕回外位で肘を伸展したまま抵抗下に上肢を挙上させるスピードテストなどがあります。
また、体操競技で倒立、懸垂などの際に静的な力と動的な力の両方が作用し、長頭腱の腱炎、脱臼、断裂などが起こることがあります。

 

上腕二頭筋腱断裂の予防としては、肩関節や上腕二頭筋への過負荷を避ける事が必要となります。

そして、症状が出現した場合には適切な対応を行い最低限の症状で抑える事が必要となります。

スポーツによる過負荷が原因である場合には、運動フォームの矯正、上肢のみならず、体幹や下肢を含む関節可動域の改善、筋のストレッチと筋力強化などの保存療法で症状が軽快する場合が多くあります。

急性期の疼痛は抗炎症薬などによる対症療法で軽快が見られます。筋力低下が問題になる場合には、断裂した長頭腱を結節間溝、烏口突起、共同腱などに固定する腱固定術が行われる場合があります。

 

思い荷物などを持ち上げる時は、急に持ち上げるのではなくゆっくり持ち上げるのがいいかもしれませんね!!

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております。

 

静岡市葵区安西3丁目20番TKビル1階

 

藤接骨院 安西院

 

054-266-3255


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME