静岡市葵区 ぎっくり腰 仙腸関節 ストレッチ 

静岡市葵区 ぎっくり腰 仙腸関節 ストレッチ 

こんにちは!

藤接骨院です!

重いものを持った際、腰が急に痛くなった経験はありませんか?

その痛み、仙腸関節と呼ばれる場所に原因があるかもしれません!

 

今日は仙腸関節炎についてお話します!

仙腸関節(せんちょうかんせつ)は、骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節であり、周囲の靭帯(じんたい)により強固に連結されています。仙腸関節(せんちょうかんせつ)は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています。

日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えています。中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で関節に微小な不適合が生じ、痛みが発生します。

 

次に症状です!

ぎっくり腰のような急性腰痛の一部は、仙腸関節の捻挫が原因と考えられます。仙腸関節の捻じれが解除されないまま続くと慢性腰痛の原因にもなります。長い時間椅子に座れない、仰向けに寝れない、痛いほうを下にして寝れない、という症状が特徴的で、歩行開始時に痛みがあるが徐々に楽になる、正坐は大丈夫という患者さんが多くいらっしゃいます。

腰臀部、下肢の症状は、腰椎の病気(腰部脊柱管狭窄症・ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう や 腰椎椎間板ヘルニア・ようついついかんばん など)による神経症状と似ているので注意が必要です。下肢の痛みは一般的に坐骨神経痛と呼ばれますが、仙腸関節の動きが悪くなり、周囲の靭帯が刺激されることでも、下肢の痛みを生じてきます。

また、腰椎と仙腸関節は近くにあり、関連していますので、腰椎の病気に合併することもあり得ます。腰椎の病気に対する手術後に残った症状の原因となる場合もあります。

 

次に仙腸関節のストレッチ方法です!

仙腸関節をストレッチして、仙腸関節が本来持つ動きを取り戻すことが有効であると考えられています。

腰痛対策には筋肉をつけることも重要です。

またそれとは反対に関節を柔らかくすることも必要になります。

腰痛で悩んでいる人は、ここで紹介するストレッチを参考にして、柔らかな仙腸関節を手に入れてください。

 

まず床に座り、両足を前へ伸ばします。

片方の足を曲げて、もう片方の伸びた足の上に4の字の形になるように乗せます。

この状態で伸ばしている足を、押し曲げながらゆっくりと自分の方に寄せます。

おしりの筋肉が伸びていることが感じられるはずです。

この状態で30秒前後キープしましょう。

呼吸を止めてしまわないように気をつけてください。

自然な呼吸を続けながら、左右両方のお尻の筋肉をストレッチしましょう。

 

腰痛持ちの人は仙腸関節が原因かもしれません!

なのでまずは仙腸関節のストレッチを行ってみましょう!

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております!

 

静岡市葵区安西3丁目20番TKビル1階

 

藤接骨院 安西院

 

054-266-3255


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 054-266-3255
メールでのお問合せ

地図イラスト

アイコン 行き方はこちらをクリック

「静岡骨盤整体センター藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒420-0011 静岡市葵区安西3丁目20
電話番号 054-266-3255
営業時間 月~金 9:30~12:30 16:00~20:00
土曜日 9:30~12:30
(受付は30分前まで)
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線静岡駅
駐車場 11台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故むちうち施術
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
榛原郡吉田町の藤接骨院
藤枝市の藤枝骨盤整体センター藤接骨院
焼津市小川の藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME